矯正歯科

矯正歯科

目立たないけれど効果のある矯正治療をご提供いたします。

当院の矯正歯科について

歯には本来、力が加わるとその方向に動く性質があります。
矯正治療は、こうした歯の性質を利用し、矯正装置によって継続的に力を加えることで歯を正しい位置まで動かし、悪い歯並びや咬み合わせを治していく歯科治療です。

小児矯正は、お子さまの口腔の成長の発育をサポートする意味がありますが、大人の矯正には、患者さまの口腔が抱えるさまざまな問題をひもとき、解決することにより、今後の口腔のエイジングをサポートするという大きな意味があります。
単に見た目をよくするだけでなく、歯並びや咬み合わせの悪さが原因で虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。ほかにも、いびきや歯ぎしり、舌足らずな話し方が改善されることもあります。
また、外見上のコンプレックスで悩んでいる人も、矯正により、明るさと自信を取り戻すことができます。

当院では、歯の矯正はもちろん、顎関節症にも対応しています。
口が大きく開かない、口を開け閉めするときに音がする、物を噛むと顎の間接が痛い等の顎の機能障害のことを「顎関節症」といい、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
顎関節症の原因としては、当院で着目している日常生活の体の癖である「態癖」をはじめ、咬み合わせの異常やストレス、歯ぎしりや親知らずなどさまざまなものが考えられます。

当院の矯正歯科メニュー

メニュー 特徴 デメリット 費用
(税別)
マルチブラケット矯正 ワイヤーとブラケットで歯を固定し、少しずつ動かしていく最も一般的な矯正法です。現在では、これまでより目立たない透明のブラケットが主流となっています。 表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい ¥700,000
舌側矯正 目立たないように、歯の内側に矯正装置を固定する矯正法です。表側の歯列矯正に比べてかなり難しい技術が必要とされるため、日本で正確に行える医師は多くありません。 歯磨きが難しい ¥900,000
アライナー 透明のマウスピースを装着することで少しずつ歯を移動させる矯正法です。矯正の段階に応じて、必要な歯型を毎回取るため、より正確に歯を動かすことができ、必要分だけ製作するため費用を抑えられる点、ほかの治療法と組み合わせやすい点がメリットです。 表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい ¥700,000
インビザライン

アライナーと同じく、透明なマウスピースによる矯正法ですが、最初に、矯正に必要な数十個のマウスピースを一気に製作するため、毎回、型取りのために通院する必要がない点が大きなメリットです。また、コンピューターシミュレーションで全工程を確認することができます。

詳しくはこちら

表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい ¥700,000
インプラント矯正 マルチブラケットのようにワイヤーで歯を固定するのではなく、人工歯根(インプラント)で固定して引っ張り、移動させていく矯正法です。安定感があるため、矯正期間が短縮できる点が一番のメリットです。 高校生以降の方が対象 ¥20,000~
50,000
マルチブラケット矯正 特徴 ワイヤーとブラケットで歯を固定し、少しずつ動かしていく最も一般的な矯正法です。現在では、これまでより目立たない透明のブラケットが主流となっています。
デメリット 表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい
費用
(税別)
¥700,000
舌側矯正 特徴 目立たないように、歯の内側に矯正装置を固定する矯正法です。表側の歯列矯正に比べてかなり難しい技術が必要とされるため、日本で正確に行える医師は多くありません。
デメリット 歯磨きが難しい
費用
(税別)
¥900,000
アライナー 特徴 透明のマウスピースを装着することで少しずつ歯を移動させる矯正法です。矯正の段階に応じて、必要な歯型を毎回取るため、より正確に歯を動かすことができ、必要分だけ製作するため費用を抑えられる点、ほかの治療法と組み合わせやすい点がメリットです。
デメリット 表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい
費用
(税別)
¥700,000
インビザライン 特徴 アライナーと同じく、透明なマウスピースによる矯正法ですが、最初に、矯正に必要な数十個のマウスピースを一気に製作するため、毎回、型取りのために通院する必要がない点が大きなメリットです。また、コンピューターシミュレーションで全工程を確認することができます。
デメリット 表側矯正の場合、慣れるまで発音しにくい
費用
(税別)
¥700,000
インプラント矯正 特徴 マルチブラケットのようにワイヤーで歯を固定するのではなく、人工歯根(インプラント)で固定して引っ張り、移動させていく矯正法です。安定感があるため、矯正期間が短縮できる点が一番のメリットです。
デメリット 高校生以降の方が対象
費用
(税別)
¥20,000~50,000

※診断によって、最終基本料は確定します。治療内容によって個人差がございますのでご了承下さい。

薬機法において承認されていない医療機器について

未承認医薬品であることの明示

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、薬機法上の承認を得ていません。

入手経路

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は米国アライン・テクノロジー社の製品であり、アライン・テクノロジー・ジャパン社を介して入手しています。

国内の承認医薬品等の有無の明示

国内でもマウスピース型矯正装置(インビザライン)に似た装置があり、国内で薬事承認されているものもあります。日本で医療機器としての矯正装置と認められるものは、次の2点を満たしたものです。

・薬事承認されている材料を使用していること
・既製品の場合は、その装置が薬事承認されていること

※日本の国家試験に合格した歯科医師もしくは歯科技工士が製作した矯正装置の場合は、医療機器ではなく「歯科技工物」に該当します。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、世界100か国以上の国で提供され、800万人を超える患者様が治療を受けられている治療方法で、重篤な副作用の報告はありません。(2020年1月時点)日本においては、薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。